相互リンク依頼をする【外部対策】



ネットお小遣い稼ぎで100万円



相互リンク依頼をする【外部対策】

相互リンクとは、その名の通りお互いのサイトで、サイトリンクを相互に貼りあう事です。

まず自分のサイトのトップページもしくはリンク集に、相互リンクをお願いしたいサイトのリンク(URL)を設置し、それから相手のサイト管理人に相互リンクのお願いをします。

サイト立ち上げ当初は訪問者が少ないので、SEO対策とアクセスアップの目的で相互リンクを行います。

相互リンクのメリットは、以下の2つが有ります。

相手サイトからの訪問によるアクセスアップ。
リンクポピュラリティーのアップによるSEO対策

相互リンクは、以前のSEO対策においてとくに効果がありましたが、近年においては効果があまり無いと言われています。

SEO業者によるリンク売買などが横行し、SEO効果が無いだけでなく、過度の相互リンクにはペナルティーの危険性があるため、最近は相互リンクを受け付けない管理者も多いです。

有料リンクや相互リンクがメインのサイトとの相互リンクはおすすめしませんが、関連性のあるサイトとの相互リンクは、まだ多少なりとも効果があると考えています。

相互リンク依頼のポイント

リンクをクリックして訪問者にサイトに来てもらう為には、相手のサイトでのリンクの貼られる場所やサイトの紹介方法によるので、大幅のアクセスアップ効果を見込むのは、難しいと思います。
相互リンクをする目的は、アクセスアップの効果よりもリンクポピュラリティーアップによるSEO対策の方が大きいです。

SEO対策において、自分のサイトテーマに関連性のあるサイトからの被リンクが多いことはSEO効果があると言われています。

ただし、関連性の無いサイトや質の低いサイトからのリンクは、逆効果になる恐れがあるので、闇雲に相互リンク依頼をするのは止めたほうがいいです。

相互リンクには2種類あり、お互いのTOPページにリンクを設置するTOPページ相互リンク。もう一つがリンク集での相互リンクです。

TOPページでの相互リンクでは、SEO効果がある程度見込めますが、リンク集の相互リンクは階層が低い場所にある場合が多く、SEO効果がほとんど無い場合があります。

TOPページの相互リンクをたくさんすれば良いのですが、TOPページに相互リンクをたくさん設置すると訪問者に対し見栄えがとても良くありません。

TOPページの外部への発リンク数を少なく抑えるとSEO効果があると言われているので、TOPページの相互リンクは少なく抑える方が好ましいと思います。

一方、リンク集は無限にページを作成する事ができるので、相互リンクはできるだけリンク集で行った方がいいです。

どんなサイトと相互リンクすればいいの?

リンク集の場合、ページのPageRankが「0」のサイトがすごく多いです。
相互リンク依頼する場合は、リンクを貼られるであろうページのPageRankをあらかじめチェックし、「1」もしくは「2」あるサイトを選んだ方が、SEO対策としては効果的です。
PageRank「0」との相互リンクする事がダメという訳ではなく、SEO効果が低くリンクポピュラリティーのアップ効果があまり見込めないというだけです。

リンク集のPageRankが「0」だと相互リンク依頼しないほうがいいかというとそうでもありません。
リンク集も作成したばかりはもちろんPageRank「0」から始まります。
しかし、将来的にPageRankが「1」や「2」になる可能性のあるリンク集のページがあります。

将来PageRank「1」や「2」に上がるリンク集と、ずっとPageRank「0」のままリンク集の違いを見分ける方法は、TOPページにリンク集の各ページへのリンクが有るか無いかで見分ける事ができます。

TOPページから、リンク集のページに1回のリンクで行ける場合は、階層が低く将来的にPageRankが付く可能性は非常に高いです。

一方、TOPページからリンクされるリンク集のページに2回以上のリンクを経由する場合はPageRankがずっと「0」のままが多いです。

つまり、TOPページに各リンク集ページへのリンクがあるサイトは、リンク集での相互リンクがSEO効果が見込めるサイトだと言えます。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円