Google検索エンジンの仕組み



ネットお小遣い稼ぎで100万円



Google検索エンジンの仕組み

SEO対策を実際に行う前に、対策をする相手であるGoogle検索エンジンの仕組みについて知ることは大切です。

このページでは、どのようにしてGoogle検索エンジンが、ネット上のサイト情報を集めているのかを簡単に説明します。

世界中のサイトを常にチェックしている

Google検索エンジンには『クローラー』と呼ばれるプログラムがあり、インターネット上に存在するWebサイトの情報を集めてくるのが役目です。

Webサイト間のリンクをたどり、巡回して情報を集める作業を『クローリング』と言い、情報を集めるウェブクロール用ロボットを「Googlebot(グーグルボット)」またはスパイダーと呼ばれています。

Googlebotは1つだけではなく、無数のGooglebotが自動的にインターネット上のページを常に巡回していると言われています。

ページ情報を分析してデータベース保存

クローリングによって集められた情報は、「キーワード」「URL」「最終更新日」「リンク」などの情報に分解され、データベースに格納されます。
この作業の事を『インデックス』と呼びます。

インデックスされた情報は、検索する時に活用されます。
よって、インデックスされると検索エンジンはそのサイトの存在を知ったことになり、検索結果にも情報が反映されます。

クローリングされた情報がインデックスされるにはタイムラグがあり、クローラーが訪問したからといってすぐに検索結果に反映する訳ではありません。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円