ページ内要因とページ外要因とは?



ネットお小遣い稼ぎで100万円



ページ内要因とページ外要因とは?

Google検索エンジンの検索順位を決めるアルゴリズムは、100以上の複雑な基準を用いてサイトの重要性を点数化していると言われています。

そして、大きく分けると「ページ内要因」「ページ外要因」の2つがあります。

ページ内要因

ページ内要因とは、評価対象となるページ内部に存在する要素で、ページ中に含まれるテキスト文字、キーワード出現率、タイトル文字、強調文字といった要因があります。

その中でも「テキストマッチ」がとくに大切です。

テキストマッチ

テキストマッチとは、検索ワードと対象ページのテキストに含まれている文字が、一致する状態のことです。

対策としては、タイトルやMETAタグ、コンテンツ文章内に一致させたいキーワードをバランスよく配置する事が重要です。

あくまでも、キーワードが自然な形で文章にバランスよくなるよう心がけてください。

キーワードを不自然な文章で大量に使用してしまうと、検索エンジンにスパムサイトと認識されてしまい、逆効果になり検索圏外となる恐れがあります。

ページ外要因

ページ外要因とは、評価対象となるページ外部に存在する要素で、リンクポピュラリティーリンクレピュテーションという評価方法があると言われています。

リンクポピュラリティー

リンクポピュラリティーとは、外部サイトから張られているリンクの「数」と「質」によってサイトの重要度を判断する評価方法です。

代表的なのが、Googleが採用するPageRank(ページランク)です。

リンクレピュテーション

リンクレピュテーションとは、リンク先のページの内容を判断するために、リンク元サイトのアンカーテキスト情報を元に判断するという方法です。

例えば、リンク先ページのアンカーテキストに「お小遣い」という文字が書かれていれば、リンク先ページと「お小遣い」のキーワードの関連性が強まります。

つまり、リンク名に「お小遣い」というアンカーテキストを張ってもらえば、そのリンク先のサイトが「お小遣い」のキーワードに関連するサイトであると検索エンジンは認識してくれます。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円