strongタグの使い過ぎには注意



ネットお小遣い稼ぎで100万円



strongタグの使い過ぎには注意

strongタグは、ページ上の強調したいキーワードを指定するhtmlタグです。
strongタグでキーワードを囲めば、キーワードが太字となり視覚的にも強調されます。

<em>タグもstrongタグと同じく強調指定で、SEO上の効果は同じですが、斜体で表示されてしまいます。

検索エンジンは、strongタグで囲まれた文字を強調キーワードだと認識してくれます。
よって、そのページに関連しているキーワードや検索エンジンに強調したいキーワードをstrongタグで囲むと効果的です。

strongタグの使い方は、目安として1ページに1~3個までに抑えることが理想的です。
strongタグを1ページの中で多用しすぎると、検索エンジンスパムと判定される場合があります。

太字には<b>タグもありますが、<b>タグはあくまでも太字で表記されるだけで、強調の意味がないのでSEO効果はありません。
よって、強調したい文字には<strong>タグの使用をお勧めします。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円