見出しタグ(hx)を効果的に使おう



ネットお小遣い稼ぎで100万円



見出しタグ(hx)を効果的に使おう

<h1>~<h6>見出しタグは、文章の論理構造を示す、見出し要素を定義するものです。

この見出しタグは、数字によって6段階の階層に分類され、数字の小さい<h1>が重要度が最も高い見出しということになります。

文章の見出しを表すものなので、重要なキーワードを含まれていると考えられ、検索エンジンは見出しタグに含まれる文字をサイトに関連あるキーワードとして評価してくれると言われています。
よって、SEO対策をする上で見出しタグにキーワードを含ませることは効果的です。

特に<h1>タグは、ページ全体の表題を意味するものを記述するので、ページ内の重要なキーワードを含めると効果的です。

<h1>タグが検索エンジンに評価されるからといって、同じページ上で繰り返し何度も記述する人がいますが、これは論理構造上ありえない事です。

<h1>タグは、ページ全体の表題なので1つのページでの使用は1回のみにして下さい。

同じページで複数回使用すると、検索エンジンの評価を不当に上げる行為として検索エンジンにスパム扱いされ、逆にペナルティーを受ける可能性があるので注意して下さい。

見出しタグがページ上で記述される順番は、まずは最も階層の高い<h1>タグ、そして次の階層の<h2>タグの順番に記述されるのが正しい使い方です。
<h2>タグの次に<h1>タグの順番に記述するのは、階層構造上間違った使い方になります。
見出しタグを使う順番にも注意して使用して下さい。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円