descriptionメタタグを設定しよう



ネットお小遣い稼ぎで100万円



descriptionメタタグを設定しよう

descriptionメタタグは、<head>~</head>間に配置する、検索エンジンに対しページ概要を伝える為の説明文です。

検索結果画面で、ページタイトルの下に表示されるのが、descriptionメタタグで書いた内容です。

ページタイトルはページの内容を示す短い言葉ですが、ページの概要を表現するので1文もしくは2文程度の短い文章で記述するのが一般的です。

ページタイトルだけでは説明できなかったページの内容を、キーワードを適度に含めて作成しましょう。

descriptionメタタグを設定するメリット

descriptionメタタグの内容は、最適な内容で記述すると検索エンジンがスニペットとして利用してくれます。
ちなみに、スニペットとは検索結果ページでタイトルの下に表示されるページ概要を説明する文章のことです。

スニペットは、検索した人が検索結果においてページ内容を知るために参考にします。
そして、スニペットの内容が検索者の目的の情報と合えば、URLをクリックしてページに訪問してもらえるはずです。

descriptionメタタグの内容は、ページの概要を伝えるだけでなく、検索結果からサイトに誘導へとっても重要な要因であると言えます。

但し、必ずしもdescriptionメタタグの内容が表示されるわけではなく、その理由はよくわかってはいません。

descriptionメタタグのポイント

ページの内容を適切にまとめよう
ページの内容に無関係な文章ではなく、ユーザが検索結果上でスニペットとして見た時にわかりやすく、かつユーザの興味を引くような内容にまとめましょう。
もちろん検索結果にヒットさせたいキーワードを含めるのが最適です。

各ページに固有のdescriptionメタタグを付けよう
ページタイトルと同じく、サイト内の各ページにそれぞれ固有のdescriptionメタタグを記述することが好ましく、descriptionメタタグが重複しないのが理想的です。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円