<title>タグを使い最適なページタイトルを付けよう



ネットお小遣い稼ぎで100万円



<title>タグを使い最適なページタイトルを付けよう

<title>タグは、ページタイトルを設定するためのhtmlタグで、HTML文章内の<head>タグの中にページタイトルを配置します。

titleタグの使用例
<title>タイトル名はここに記載</title>

SEO対策のページ内要因で影響のある要素の1つで、検索エンジンに対しページのタイトルを知らせる役割があります。
検索エンジンは、titleタグ内のキーワードを解析するので、該当ページに関連する検索結果にヒットさせたいキーワードを含めて作成して下さい。

但し、以前よりも検索エンジンはtitleタグ内のキーワードを重視しなくなっているので、設定したからといって急激に検索順位がアップする事は無く、SEO対策的には参考程度になっています。

titleタグのテキストは、ブラウザ上部のバーに表示されたり、検索結果画面のタイトル(見出し)に表示されます。
検索結果画面にタイトルが表示する際、検索ワードがタイトルに含まれていると、その部分が太字で表示され、検索者に視覚的なアピールとなります。
ページタイトル

titleタグは、ほとんどのサイト運営者が設置しているくらい、サイト作成する上でSEO対策の基本とも言えるhtmlタグです。

ページタイトルを決める時のポイント

キーワードを入れる
ページタイトルにキーワードを含めるのはSEO対策の基本と言える事です。
検索結果で検索キーワードは太字で強調表示され目立つので、検索ユーザーに対しアピールとなります。
キーワードをページタイトルに詰込むのではなく、1つもしくは2つくらいが適切です。

ページタイトル内のキーワードは左に置いたほうがよいとされているので、できるだけタイトルの最初に配置しましょう。

ページの内容を適切に表現しよう
ページの内容に無関係なタイトルではなく、ページの内容を効果的に伝えるタイトルを付けましょう。
アクセス数を増やす目的で、ページ内容に無関係なタイトルを設定すると、訪問者からのサイトに対する信用度が落ちます。

全てのページに固有のタイトルを付けよう
サイト内の各ページには、それぞれ固有のページタイトルが設定されている事が好ましく、ページタイトルが重複しない事が理想的です。

簡潔で魅力的なタイトルを付けよう
タイトルは長すぎると、検索結果に文字数を超えた部分は表示されず省略されてしまいます。
短くてページ内容がしっかり伝わるタイトルを設定するように心がけましょう。

文字数は、全角なら最大20文字程度までが目安です。

SEO対策初心者講座

ネットお小遣い稼ぎで100万円