ドロップシッピングでお小遣い稼ぎ



ネットお小遣い稼ぎで100万円



ドロップシッピングでお小遣い稼ぎ

ドロップシッピングとは?

サイトで紹介している商品に注文が入った時に、メーカーや卸売り業者から購入者へ、商品を直送させる運営方法のサービスです。

簡単に言うと商品の在庫を持たなくても販売できるサービスで、アフィリエイトよりも利益率が高いのが魅力のひとつです。

ドロップシッピングサイトに登録すると、メーカーや卸主業者が扱っている商品を、在庫を持たずに自分のサイトで紹介して販売できます。

購入者から注文が入ると、メーカーや卸主業者がその商品を直接購入者へ発送してくれ、在庫を持たずにネットショップを運営できるのが最大の特徴です。

ドロップシッピングサービスの利用者は、商品在庫を抱えなくていいので、商品がまったく売れなかったとしても損する心配がありません。
よって、個人の方でもリスク無しで気軽に始められるサービスとして人気です。

本場アメリカでは、新しいネット収益サービスとして注目され、日本でもドロップシッピングに関する書籍が販売されたことにより、一時は注目されました。

商品を自分のサイトで紹介して報酬を稼ぐというサービス形態が、アフィリエイトと似ていますが、実際には全く異なるシステムです。

アフィリエイトは、広告を設置して広告主のサイトに訪問者を誘導し、発生した成果によって報酬を得るサービスです。
一方、ドロップシッピングはあくまで自分のサイト上で商品説明を行い、販売までを行います。

アフィリエイトがお店の前にいる呼び込みだとすると、ドロップシッピングは店の中で商品を販売する店員にあたります。

もしもドロップシッピング

ドロップシッピングサイトでは『もしもドロップシッピング』が最も有名で、すでに40万人以上が利用しています。

以前は、リアルドロップシッピングというサイトがありましたが、不祥事により会社が倒産してサービス停止となり、利用者が多いのはもしもドロップシッピングだけになってしまいました。

サイトの事例集でも紹介されていますが、すごい成功者の人では月間1000万円以上を売り上げる人もでてきています。

ドロップシッピングで稼ぐのは難しい

2009年~2011年頃は、「マスク」「羽毛布団」など売れる商品があり、毎月100万円以上売り上げるドロップシッパーが結構多かったです。

しかし、Google検索エンジンがネットショップ系の商品ページを上位表示しにくくしたため、サイトのコンテンツ自体が充実していないと検索エンジン経由の集客が見込めません。

ドロップシッピングサイトが1つしかなく、アフィリエイトと比較すると圧倒的に商品数が少ないため、以前よりもドロップシッピングを利用する人が減っているのが現状です。

しかし、利用者が減っているということは、ライバルが減って稼げるチャンスが増えたと考えることもできます。

お小遣い稼ぎサイト初心者講座 目次

お小遣い稼ぎサイトに登録するまで

お小遣い稼ぎサイトに登録した後

その他のネット副業・お小遣い稼ぎ方法

ネットお小遣い稼ぎで100万円