確定申告が必要なお小遣い稼ぎ収入について



ネットお小遣い稼ぎで100万円



確定申告が必要なお小遣い稼ぎ収入について

ポイントサイトやアフィリエイトで稼いだお小遣い稼ぎ収入であっても、1年間に獲得した利益が一定金額を超えた人は、確定申告を行い税金を納めないといけません。

日本の税制は「申告納税制度」なので、自分で所得と税額を計算して確定申告を行う必要があります。

該当者に対し、税務署が事前に税金を納めなさいと連絡が来ることはありませんが、知らなかったでは済まされず。 該当者が期限までに確定申告と納税を行わなかったのがバレると、税務署から税金を納めろ!とお叱りの連絡が来ます。

FXで数億円稼いだ主婦の無申告がニュースで取り上げられましたが、税務署の税務調査はネット収入にもちゃんとのびています。

納税は所得を得た国民の義務なので、必ず行いましょう。

現在は、e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用すれば、24時間いつでもネットから確定申告できるので、とても便利になりました。

お小遣い稼ぎ収入の確定申告が必要な人とは?

お小遣い稼ぎ収入の確定申告が必要かどうかは、自分が稼いだ年間のトータル所得金額を計算しなければいけません。

ちなみに、所得とは、1月1日から12月31日までの1年間に獲得したお小遣い稼ぎ収入から、必要経費を引いたものです。

所得 = 収入 - 経費

必要経費として認められるのは、以下の費用があります。
インターネット接続費用
レンタルサーバー費用
ドメイン取得費用
ホームページ作成ソフト代

サラリーマンやOL、アルバイトなど給与所得がある人と、専業主婦など給与所得がない人では、確定申告が必要となる金額条件が異なるので注意して下さい。

給与所得者(サラリーマンやOL、アルバイトなど)
年間所得が20万円以上

給与所得が無い人(専業主婦など)
年間所得が38万円以上

ポイントサイトやアンケートモニターだけで稼いだ収入が年間20万円や38万円以上になる人は少ないですが、アフィリエイトを利用する人の中には超える可能性があります。
「今年はたくさん稼げたのでうれしいな」と思っていると、確定申告が必要な所得になっている可能性があるので注意して下さい。

ネットで稼ぐ主婦は注意!

主婦は、夫の稼ぎで生活していることが前提なので、税金や社会保障でさまざまな優遇を受けています。

しかし、ネット収入がある主婦は、稼ぐ収入金額が増えていくにつれ、優遇が受けられなくなるので注意が必要です。

年間所得38万円以上
⇒所得税が発生

年間所得76万円以上
⇒配偶者特別控除が無くなる

年間所得130万円以上
⇒国民健康保険・国民年金保険料を支払う必要がある

お小遣い稼ぎサイト初心者講座 目次

お小遣い稼ぎサイトに登録するまで

お小遣い稼ぎサイトに登録した後

その他のネット副業・お小遣い稼ぎ方法

ネットお小遣い稼ぎで100万円