カスタムチャネル機能を活用しよう



ネットお小遣い稼ぎで100万円



カスタムチャネル機能を活用しよう

カスタムチャネル機能は、AdSenseコードに設定できるラベルの様なもので、webサイトごとや広告ユニットごとにGoogle AdSense収益を確認できます。

チャネル指定した広告の表示回数クリック数収益などのパフォーマンス情報をレポート画面で把握でき、広告の収益を高めるのにとても役立ちます。

同一ページ内の広告のパフォーマンスを、個別に集計したい場合などに非常に役に立つ機能ですが、意外と知らない方が多いのでぜひ設定してみて下さい。

カスタムチャネルの設定方法は、予めチャネルを作成しておき、新しい広告ユニット作成時にカスタムチャネルを指定するだけです。

後は、作成したAdSenseコードをサイトに設置すれば、レポート画面にカスタムチャネル毎のクリック数や収益等を表示させられます。

例えば、あるサイトAに掲載しているアドセンス広告全てに「広告A」とチャネル設定をします。
するとレポート画面でサイトAの「広告A」の表示回数、クリック数、クリック率、収益額が分かります。

この様に、サイト毎に違うチャネルを設定すれば、サイト毎の広告パフォーマンスを調べる事でき、今後の改善に役立ちます。

カスタムチャネルは、広告ユニット毎にでも指定できます。
1つのページに3つの広告ユニットを掲載している場合、掲載場所ごとに違うチャネルを設定すると、レポートを掲載場所ごとに表示する事が可能です。

この機能を使う事によって、サイトのどの掲載場所でどのくらいクリックされるのかを調べる事ができ、広告パフォーマンスを調べるのにとても便利です。

ちなみに、私は「サイトA上部」「サイトAサイド」「サイトB上部」「サイトB記事」などサイト名+掲載場所毎に細かくカスタムチャネルを設置しています。

細かくチャンネル分けする事によって、どのサイトのどこの場所がよくクリックされているのかデータで分かり、クリック数アップの改善に利用できます。

カスタムチャネルのメリットは、広告の表示位置ごと、広告のサイズごとなど、自分だけのルールでレポートが作れることにあります。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円