フィルタ機能で表示させたくない広告をブロック



ネットお小遣い稼ぎで100万円



フィルタ機能で表示させたくない広告をブロック

Google AdSenseには、競合広告やサイトにふさわしくない特定の広告を、表示しないようにブロックできる『フィルタ機能』があります。

フィルタ機能は、運営サイトと競合する広告や、サイトと関連性の低い広告をブロックする目的で利用されます。

以前は、アドセンス広告の中に質の悪い広告主が存在し、情報商材系のサイトや質の低いアフィリエイトが普通に表示していました。

質の悪い広告ばかり表示させていると、サイトの信用度が落ちるので、フィルタ機能を使って表示させたくない広告をブロックする事が有効な方法でした。

しかし、最近はGoogle AdSenseによる広告主の審査が厳しくなり、情報商材系の広告や質の低いアフィリエイトサイトの広告がほとんど表示しないです。

よって、以前よりはフィルタ機能を使う機会は減りましたが、こういった便利な機能がある事は知っておいて下さい。

フィルタ機能の設定は、アドセンス管理画面の上部メニューにある【広告の許可とブロック】をクリックすると設定ページへ移動します。

設定方法は、ブロックしたい広告主サイトのURLを入力するだけです。
ちなみに、ブロック設定できるURLの上限数は500個までです。

ブロック設定は、サイトドメイン全体をブロックできるし、ドメイン配下の特定ページだけをブロックする事も可能です。

例えば、「example.com」と指定するとそのドメイン全体がブロックされ、「example.com」はもちろん、その配下の「example.com/sub」のページもブロックされます。

「example.com/sub」と指定すると、「example.com/sub」や「example.com/sub/index.html」はブロックできますが、上位の「example.com」や「example.com/site」はブロックされません。

サイト全体をブロックするのか、特定のページだけブロックするのかはよく確認して設定して下さい。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円