Google AdSense広告の掲載位置について



ネットお小遣い稼ぎで100万円



Google AdSense広告の掲載位置について

アドセンス広告を掲載する位置は、クリック数に影響するので、報酬を増やす上でとても重要です。
このページでは、広告を掲載する位置について簡単に解説します。

一般的によく利用されている広告の掲載位置は、「記事下」「タイトル(ヘッダー)直下」「サイドバー」の3箇所です。
広告の掲載する位置
『記事中』の位置は、コンテンツ文章の付近に掲載する方法です。
コンテンツ文章の前や後など、一番サイトに溶け込む掲載場所なので、この場所にアドセンス広告を設置する人が多いです。

テキスト広告タイプを設置する場合、文字カラーをサイト内で使用しているリンク色と同じに設定すれば、訪問者に広告と判断できないくらいテキスト広告がサイトに溶け込んでくれます。

記事中にアドセンス広告を設置すると、訪問者は広告と意識せず通常のリンクと思いクリックすることが多いです。
また、記事を読んだ人がその流れで必ず視線がいく場所なので、興味のある広告であれば結構クリックしてもらえます。

サイズは468×60の横長タイプがおすすめ。
広告をたくさん表示したい場合は336×280のタイプが人気です。

『上部』は、結構おすすめな掲載位置で、私はよく利用している場所です。
サイト上部は広告がすごく目立つ位置なので、コンテンツの景観を崩すのを嫌がる方もいますが、目立つ位置だからこそクリック数が多い場所になります。

色々な位置にAdSense広告を掲載してクリック数を調査したところ、サイト上部が一番クリック数が多かった経験が私はあります。
広告を目立たせず、シンプルな色にすると訪問者の不快感が少なくなると思います。
サイズは728×90のタイプが広告を多く表示できおすすめです。

『サイド』に設置している人をブログなどでよく見かけます。
サイドは訪問者が自然に視線がいく場所なので効果は高いです。

左側は視線が必ず行く位置なので、右サイドよりも左サイドに設置した方が効果が高いと言われています。
サイズは160×600のタイプが人気です。

『下部』に設置している人をたまに見かけますが、私はサイト下部はあまりおすすめしません。
設置位置を色々変えてクリック数を調べてみましたが、下部が一番悪い結果でした。

サイト下部の場合、訪問者が下まで読んでくれないと広告が表示される事がありません。
記事の途中のリンクで他のページに移動してしまうと、アドセンス広告を見ることなくページを閉じられます。

広告は見られない限りクリックされることはないので、表示される機会が少ない下部はあまりおすすめしません。

サイトの造りによって、訪問者の視線の動きは異なるのであなたのサイトでも色々な場所に設置して、クリック数の違いを調べてみて下さい。
効果の多い位置にAdSense広告を設置する事が、アドセンス収入を増やすコツです。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円