Google AdSenseの規約について



ネットお小遣い稼ぎで100万円



Google AdSenseの規約について

アドセンスは不正や規約にとくに厳しいことで知られています。
少しでも不正や規約違反を行うと、警告メールが届いたり、最悪の場合はアカウント停止になるので注意して下さい。

常日頃から不正を行わないのは当たり前ですが、Google AdSenseのプログラムポリシーを必ず一度は熟読し、何をすると規約違反になるのかをちゃんと理解しておいて下さい。

Google AdSenseの規約の中で注意すべき点

アドセンスの規約の中で注意しておくべき点をピックアップしたので、以下のことには特に注意して下さい。

コンテンツガイドラインに違反するコンテンツを含むページにアドセンス広告を設置してはいけない。
自分のサイトの広告をクリックする自己クリックは禁止です。
広告は1ページに最大3つまで
クリック単価をサイトなどで公表してはいけない。
広告のラベルは「広告」もしくは「スポンサードリンク」以外使用しない。
広告のクリックを誘発する表記をしてはいけない。
コンテンツ内容が少ないページには広告を設置してはいけない。

初心者の方がよくする規約違反が、自己クリッククリックを誘発するような表記です。
少しでも報酬を増やしたい気持はわかりますが、これらの不正はグーグルに必ずバレるのでやらないで下さい。

不正によりアドセンスのアカウント停止になってしまうと、アカウントを復活させることはできません。

つまらない不正を行い、アドセンスによるアフィリエイト報酬を稼げなくなるのは非常にもったいないです。

Google AdSenseが利用できないWebサイトの代表例

規約で示している通り、コンテンツガイドラインに違反するコンテンツを含むWebサイトにアドセンス広告を設置してはいけません。
以下が、利用できないWebサイトの代表例です。

著作権を侵害するコンテンツ
ポルノ・成人向けコンテンツ
パチンコや競馬などのギャンブルに関連するコンテンツ
麻薬やアルコール、タバコに関連するコンテンツ
暴力的もしくは非合法なコンテンツ
ポイントサイトを紹介するサイト

アドセンス規約は更新及び追加されるので、その都度内容をちゃんと理解し、規約をしっかりと守ってアドセンスでたくさん稼いで下さい。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円