Google AdSenseの審査に通る方法



ネットお小遣い稼ぎで100万円



Google AdSenseの審査に通る方法

アドセンスは、人気があるクリック報酬型の広告で、たくさんの公式サイトや有名なサイトで設置しているのを見かけます。

しかし、一方で「Google AdSenseの登録審査は厳しい」「何度も審査に落ちた」という声を聞きます。
実際、私も最初に作成したサイトで何度もアドセンスの登録申請を行いましたが、一度も審査に通りませんでした。

もちろん、規約やプログラムポリシーを読んでサイト作成し、アフィリエイト広告も無い状態で申請しました。

ほとんどアドセンス登録を諦めていたのですが、ある先輩アフィリエイターに審査に通りやすい方法を教えてもらい、その後、一発で審査に通る事ができました。

Google AdSenseが好むサイトと好まないサイト

まず、アドセンスが好むサイトと好まないサイトについて知る必要があります。
アドセンスが好むサイトとは以下の通りです。

アフィリエイト広告が少ないサイト
コンテンツがオリジナルのサイト
ちゃんと更新されているサイト
しっかり管理されているサイト

逆に以下の様なサイトがアドセンスが好まないサイトだと言われています。

アフィリエイト広告だらけのサイト
更新されていないサイト
アダルト、ギャンブル関係のサイト
コピぺしたサイト
内容が薄いサイト

Google AdSenseの審査に通りやすい方法とは

ブログで登録申請する方法が、アドセンス審査に通りやすい方法です。

まず、アフィリエイト(アドセンス)が掲載できる無料ブログに登録し、審査用ブログをひとつ作成して下さい。そのブログにはアフィリエイト広告が無い状態にして下さい。
(ブログに標準で設置されている削除できない広告はそのままでもOKです)

テーマを絞って興味のある事などについての記事を「20記事」程度書いて下さい。
もちろん記事にはアフィリエイト広告が無い方が通りやすいです。

できれば他のブログでは取り扱っていないようなオリジナルテーマの記事にした方が、比較的審査に通りやすいと思います。

例えば、ラーメンが好きな人はラーメンに関する記事を書けばいいし、車の好きな人は車についてのオリジナル記事を10~20記事程度書いてみてください。

グーグルアドセンスはコンテンツ内容を重視するので、1記事の内容はできるだけ多くし、400~500字程度で記事内容が濃い方が通りやすいです。
記事の日付を変え、更新を頻繁にしているようにして下さい。

2次審査に通れば、同じアカウントでアドセンス広告を他のサイトにも設置する事ができます。
もちろんアドセンス広告を他のサイトに設置する事は規約違反にはなりません。

ちなみに、一度でもアドセンスの審査に落ちたサイトには、URLアドレスのブロックがかかっているので、アドセンス広告を表示する事はできないです。

ひとつ注意して欲しいのですが、アドセンス広告を他のサイトに設置する事は規約違反では無いですが、規約に反するサイトやページにアドセンス広告を設置すれば規約違反となり、警告メールが来たり最悪の場合は即アカウント停止になります。

よって、規約をよく読み、規約違反を行わずにアドセンスで稼ぎましょう!
私は、審査用ブログにFC2ブログを使いました。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円