アドセンス広告をサイトに設置してみよう



ネットお小遣い稼ぎで100万円



アドセンス広告をサイトに設置してみよう

Google AdSenseの審査に通り、アカウントを取得したのであれば、実際にアドセンス広告を取得して自分のサイトに設置してみましょう。

このページでは、広告ユニットを作成し、広告コードを設置するまでの簡単な流れを解説します。

広告ユニット作成の流れ

Google AdSenseにログインし、上部メニューの【広告の設定】タブをクリック。
「コンテンツ向け AdSense」内の【新しい広告ユニット】ボタンをクリックして「新しい広告ユニットの作成」画面に移動。

AdSense広告の新しい広告ユニットの作成画面1
広告ユニットの名前を入力。
後でこの広告ユニットを特定しやすいような名前にすると管理が楽です。
例:○○ブログ上部728、○○サイド160など

次に広告サイズを決めて下さい。
広告サイズは一度作成すると変更ができません。
【広告の種類とサイズの例を表示】のリンクをクリックすると、どんなサイズの広告があるのか確認できます。

広告タイプを「テキスト広告のみ」「ディスプレイ広告のみ」「テキスト広告とディスプレイ広告」より選択。
特に希望が無ければ標準の「テキスト広告とディスプレイ広告」がおすすめ。

代替広告の設定は、関連性のある広告が見つからない場合に、代わりに表示する広告や色を選択できます。
代替広告が無い場合は標準の「空白スペースを表示」でOKです。

AdSense広告の新しい広告ユニットの作成画面2
カスタム チャネルの設定は、特定の広告ユニットをグループ分けすることができる拡張機能です。

設定しなくても問題ないですが、収益管理などを見やすくグループ分けができます。

広告スタイルで、広告ユニットの広告スタイルを選択します。
あらかじめ用意されているGoogle のデフォルト設定だけでなく、カスタム設定で自分が作成した広告スタイルを選択することもできます。

以上の設定で問題無ければ【保存してコードを取得】ボタンをクリックすると、ポップアップで広告コードが表示されます。
表示されている広告コードをコピーし、広告を表示するページのHTMLソースコードに貼り付けると、アドセンス広告の設置完了です。

アドセンス広告を設置した直後は空白スペースのままですが、30分~1時間後に確認してみると広告が表示されるはずです。

以上が、アドセンス広告を作成しサイトに設置する流れですが、慣れれば2~3分でできる簡単な作業です。

広告コードに関する注意事項

「作成した広告コードは絶対に改変しないで下さい。」
広告コードを少しでも改変する事はポリシー違反となり、Googleに見つかると最悪アカウント停止になります。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円