セクションターゲットで強調したい箇所を設定



ネットお小遣い稼ぎで100万円



セクションターゲットで強調したい箇所を設定

セクションターゲットとは、強調または無視すべきテキストやHTMLコンテンツのセクションをGoogleに知らせる機能です。

セクションターゲットを設定する事によって、Webサイトとアドセンス広告の関連性の精度を向上させることを手助けします。

設定は簡単で、HTMLがわかる方なら問題なく設定できます。
ページ内で強調させたい箇所の前に開始コード
<!-- google_ad_section_start -->を挿入し、
強調させたい箇所の最後に終了コード
<!-- google_ad_section_end -->を挿入するだけです。

上記HTMLコードで挟まれたテキストやHTMLコンテンツは、Google側に強調すべき内容だと知らせることができます。

実際には、以下の様な形でコンテンツを挟む設定をすればいいだけです。
<html>
<head>
<title> Section targeting</title>
</head>
<body>
<!-- google_ad_section_start -->
強調または無視すべきテキストやHTMLコンテンツ
<!-- google_ad_section_end -->
</body>
</html>

逆に無視させたいテキストやHTMLコンテンツのセクションには
<!-- google_ad_section_start(weight=ignore) -->
<!-- google_ad_section_end(weight=ignore) -->でテキストやHTMLコンテンツの箇所を挟むだけです。

上記HTMLタグで挟まれたテキストやHTMLコンテンツは、Google側に無視すべき内容だと知らせることができます。

セクションターゲットの設定は、変更をGoogleのクローラが認識できるようになるまでには最高2週間程度かかります。
よって、設定したからすぐに反映されるものではないです。

自分のサイトに表示されるAdSense広告が、コンテンツの内容と違う広告ばかり表示される方はセクションターゲットを利用してみて下さい。
改善される可能性はあります。

ただし、Google側は結果の保証はしていないので、あくまでも参考程度の機能です。

Google AdSenseに登録するまで

Google AdSenseのノウハウ

ネットお小遣い稼ぎで100万円