アフィリエイト広告の種類



ネットお小遣い稼ぎで100万円



アフィリエイト広告の種類

ASPには、様々な種類のアフィリエイト広告が用意されています。

種類によって特徴があり、その特徴をうまく活かして掲載する事が報酬アップにつながります。このページでは、広告の種類について簡単にまとめたので参考にして下さい。

テキスト広告

テキスト広告とは、文字で表記されたリンク広告で、最もポピュラーで基本となる種類です。
必ずと言っていいほど、ASPには用意されています。

活用方法が豊富にあり、シンプルで使いやすいので、さりげなく文章の中にテキスト広告を掲載する方法が、クリック率が高く効果的と言われています。

A8.netのように短い単語のテキストリンクで表現したり、
最も有名なASP『A8.net』へはこちらへのように短い文章形式にするなど、テキスト部分の表記方法は工夫次第です。

バナー広告

基本となる広告の種類で、ほとんどのASPに用意されてます。

バナー広告のサイズは、小さいものから大きいもの、縦長や横長タイプなど色々あり、設置場所に適したサイズを選択することが可能です。

文章だけで構成されたサイトではどうしても味気なく寂しくなるので、アクセント的な使い方として、バナー広告を1ページに1~2箇所くらいの設置が効果的です。

逆に、1ページの視野エリアに多量のバナー広告の設置は、訪問者に不快感を与えるだけなので、できるだけやめて下さい。

標準的なサイズは決まっているので、作成サイトのサイドメニューの幅や記事部分の横幅をバナー広告のサイズとあわせると、サイトと一体となり見やすくなります。

バナー広告例 横長サイズ468*60

商品リンク広告

商品リンク広告は、訪問者が商品画像のバナーやテキストをクリックすると、サイトのトップページではなく直接商品の詳細ページや購入ページに誘導します。

ひとつの商品自体を紹介したい場合は、訪問者を商品のページに直接誘導することで成約率が高くなり、物販系のアフィリエイトサイト運営者には欠かせない広告です。

ASPの提携先広告主の情報には、商品リンク対応の有無が表記されています。
商品リンクはASPの専用ページで、商品リンク先のURLを貼り付けるだけで自動で作成してくれます。

Amazonアソシエイト楽天アフィリエイトは商品数が豊富なので、物販系アフィリエイターは商品リンク広告を特に活用します。

商品リンク広告例

ローテーション広告

ローテーション広告は、選択した広告をランダムに表示させる広告です。

訪問者に固定した広告ではなく、毎回違った広告を表示できるので、リピーターが多いサイトでは訪問するたびに違う広告を表示できるので便利です。

最近は、ほとんどのASPでローテーション広告を提供しています。

ローテーション広告例
ページを更新する度に下記の広告が切り替わります。

アフィリエイト初心者講座 目次

おすすめASP

アフィリエイトに関する基礎知識を学ぶ

アフィリエイトの実践編

ネットお小遣い稼ぎで100万円