アフィリエイトをする上での注意点



ネットお小遣い稼ぎで100万円



アフィリエイトをする上での注意点

アフィリエイトは、個人の方でも作ったサイトやブログに、広告を設置してお金を稼ぐことできる魅力的なサービスですが、アフィリエイトをする上での注意点があります。

アフィリエイトに関するルールなどを知っておかなければ、気が付かない間に規約や法律を犯してしまう可能性があります。

このページでは、アフィリエイトをする上での注意点をいくつか紹介するので参考にして下さい。

ASPの会員利用規約を守る

ASPの会員利用規約には、様々な禁止行為が記載されています。

会員利用規約の文章は堅苦しく読みづらいですが、一読してちゃんと理解していないと、気が付かない間に禁止行為を行い、厳しい場合はアカウント停止になります。

主なアフィリエイトの禁止行為
広告素材のコード改変
メールや掲示板でのスパム行為
強制クリック・誤クリック誘導

アフィリエイトに関する法律違反

運営するアフィリエイトサイトが法律に反している場合、処罰や逮捕されたり、損害賠償を請求されるので注意して下さい。

アフィリエイトサイトが関係する法律は色々ありますが、注意すべき法律違反を紹介します。

景品表示法の禁止事項

景品表示法では、商品やサービスの品質、価格等を偽って表示することなどを規制しています。

薬事法の禁止事項

医薬品、健康食品関係の広告については、薬事法により規制があり、効果又は性能などの虚偽又は誇大な表示は禁止されています。

18歳未満はASPに登録できない

18歳未満の方がASPへ登録しようとしても、登録不可の場合が多いです。

18歳以下の方がASPへ登録する際は、18歳未満OKのサイトを選ぶ必要が有ります。

アフィリエイトの確定申告

アフィリエイトで稼いだお金は課税の対象となり、一定金額以上の報酬がある方は、確定申告を行い所得税の納付が必要になります。

課税対象額以上の報酬を得ているのに確定申告を行わないと、国税当局にバレた場合に無申告加算税や延滞税を追加請求され、さらに悪質な場合は重加算税(40%)が課される場合があります。
納税の必要のある報酬を稼いでいる方は、ちゃんと確定申告を行いましょう。

確定申告が必要なアフィリエイトの所得とは?

年間(1月1日~12月31日)のアフィリエイトの総収入から必要経費を引いたアフィリエイト年間所得が課税対象です。

課税対象となる金額は、給与所得者と給与所得者以外で異なります。

給与所得者(サラリーマン、OL、自営業)
アフィリエイトの年間所得が20万円超

給与所得者以外(主婦)
アフィリエイトの年間所得が38万円超

アフィリエイト初心者講座 目次

おすすめASP

アフィリエイトに関する基礎知識を学ぶ

アフィリエイトの実践編

ネットお小遣い稼ぎで100万円