ロングテールとは?



ネットお小遣い稼ぎで100万円



ロングテールとは?

ロングテール
商品売り上げのグラフの縦軸を販売数、横軸を商品として販売数量順に並べていくと、売上げ数が少ない商品が恐竜の尻尾(tail)のように長く伸びています。

販売数が少ない商品のアイテム数が、全販売商品数の大半を占める事を表し、このグラフの形状からロングテールと呼ばれています。

実店舗で売っているのは、販売数が多いヘッド部分の商品が主ですが、ネット販売では棚代や物流などのコストを抑えられるので、「テール」と呼ばれるニッチな商品も低コストで販売できます。

実際にAmazonやiTunes Storeなどは、実店舗にはない数百万のニッチ商品の在庫を取り扱う事によって成功した企業として有名です。

Amazonでは、ニッチな書籍が売り上げの30%を占めるなど、ネット上でニッチ市場が開拓しやすくなっている証拠です。

実店舗では扱ってない商品でもネット上では購入する人がいるという事です。
逆にネットでしか売ってないので売れる事もあると思います。

埋もれているニッチ商品をどう開拓し攻略するかが、個人がアフィリエイトで成功する上で重要な事だと思います。

アフィリエイト初心者講座 目次

おすすめASP

アフィリエイトに関する基礎知識を学ぶ

アフィリエイトの実践編

ネットお小遣い稼ぎで100万円