アフィリエイト広告は目立っちゃダメ



ネットお小遣い稼ぎで100万円



アフィリエイト広告は目立っちゃダメ

アフィリエイト広告を、大量に掲載しているサイトをたまに見かけますが、そのようなサイトは典型的な稼げ無いサイトなので真似しないで下さい。

アフィリエイト報酬を稼ぐ為に、広告を訪問者に目立つように掲載したらいいんじゃないかと思う人がいますが、その行為は逆効果になります。

『アフィリエイト広告は訪問者にとっては不要なもの』で、サイト訪問者は広告を見に来たのではなく、サイトまたはページに書いてある内容を見に来ています。

よって、訪問者にとってアフィリエイト広告は不要なもので、無くていい邪魔な存在です。
その訪問者にとって不要であるアフィリエイト広告があまりにも目立ちすぎていれば、訪問者に不快感を与えるのは当然です。

アフィリエイト広告が目立っていれば、訪問者にクリックされて稼げるという考えは間違いなのです。
この間違いは、初心者のアフィリエイターや稼げてないサイトに多い現象です。

どうしたらいいの?

アフィリエイト広告は訪問者にとって不要なので、1つのページに表示する量はできるだけ少なく抑えた方が好ましいです。
割合的には画面の1割程度に抑えることがベストだと思います。

Yahoo!のトップページ
私がネット上の色々なサイトを見て出した結論は、Yahoo!トップページが広告・文字・余白の割合がベストで理想的だと思います。

広告や文字が多すぎてもダメだし、適度な余白が表示しているページに必要で、Yahoo!トップページが私の考える理想のページです。

Yahoo!トップページを見れば分かると思いますが、表示している広告が少ないことでかえってその少ない広告が目立つのです。

Yahoo!トップページの広告は、右上サイドに小さな広告がひとつと、ニュース一覧の下に横長バナーがひとつで、広告が少ないからすごく目に留まる存在だと思います。

サイトに広告をべたべた貼るのではなく、見せたい広告を1つもしくは2つに絞って掲載した方が、訪問者の目に留まり効果的のはずです。

アフィリエイト初心者講座 目次

おすすめASP

アフィリエイトに関する基礎知識を学ぶ

アフィリエイトの実践編

ネットお小遣い稼ぎで100万円